大学卒業資格以外の資格も取れるところにしたい

ダブルスクールをする大学生

通信制に限らず、以前からダブルスクールをしている大学生って結構います。ダブルスクールっていうのは、大学に通いながら専門学校にも通うことです。特に四年制大学の場合は、三年生以降になると授業がまばらにしかないところもあるので、せっかくだから空いた時間に専門学校に通って資格をとっておこうというものです。若ければ若いほど吸収力はあるわけだから、素晴らしい行動です。レジャーランド化してるなんて言われながら、一方ではこういう学生たちもいたし、今もいるんです。

通信制大学なら時間は自由に使えるけれど

なにもわざわざダブルスクールをする必要はないじゃないですか。大卒資格以外にも資格の取れる大学を選べばいいんです。通信制大学の場合は自分の希望した大学や学部に入りやすい面があるので、それをフル活用すべきだと思いますよ。高い学費を払うんですから。新卒入社のため、あるいは大卒資格が昇進に必要なため、とにもかくにも大卒資格がほしいという場合であっても、どうせなら長い将来の不測の事態に備えて、取れる資格はいっぱい取っといた方がいいでしょう。

文系学部は廃止という動きがなぜあるか

それを考えてみましょう。職に直結しなきゃ意味がない、仕事に役立つ知識じゃなきゃ、って考えが結局は多くの人々の間にあるってことでしょうね。そうした風潮の中、文系学部でも、外国語とか経理とかの資格が大学で取れるなら万々歳ですよ。ダブルスクールでそういう資格を取ろうとする人って結構いるんですよ。通信制大学を選択するときは、どうせだったらそういう資格が取りやすい学部を選んだ方が、あとあと有利でしょう。公的な難しい資格を取るべく勉強にもさらに身が入るでしょうしね。

地方に住んでいて、事情があって希望する大学にいけない方も通信制大学なら全て解決します。しっかりと学ぶことが出来ます。

更新情報