重要!火災保険で十分な補償を受ける為に知っておきたいこと

火災保険は万が一の為に加入しておく

多くの人にとって人生の中で最も高価な買い物はマイホームです。そのマイホームが万が一火災などにあってしまった場合は、精神的なショックと共に金銭的な負担も非常に大きいです。その為、出来る限り火災保険には加入しておくことが必要となります。ただし、ただ単に火災保険に加入しているだけではあまり意味がありません。適切な契約内容で加入することが重要ですし、そうすれば無駄な保険料を支払う必要もありません。代理店などで薦められたままの火災保険に加入するのではなく、自分自身でも契約内容を吟味することが大切です。

火災保険は家財にかけることも可能

火災保険は建物を保険の対象とするイメージがありますが、実は家財に対しても保険をかけることが可能です。賃貸物件の場合は建物に対しては物件のオーナーが保険をかけますが、家財に関しては入居者の負担で保険に加入する必要があります。持ち家の場合は、自己負担で建物と家財の保険に加入する必要があります。建物には車庫や物置なども含まれ、家財には基本的に入居後に持ち込んだ物が該当します。保険会社によっては建物あるいは家財の対象となるか否かの判断が分かれる物もありますので、契約の際には確認が必要です。

保険金額の評価基準について

火災保険の保険金額の設定基準は、新価と時価の二通りの基準があります。新価は被害に合った建物と同等の建物を建て直すために必要となる金額を基準に評価します。一方、時価は新価から経年分の評価を差し引いて物件の評価を行います。新価と時価を比較すると、当然ながら新価の方が保険金額が高くなります。保険金額が高くなる分、保険料が高くなってしまうことは否めませんが、出来るだけ新価で保険金額を設定するようにしたいです。

火災保険とは火災や落雷、洪水などによる水災、台風などによる風災などで建物や動産に損害が出たときに支払われる保険のことを言います。