ここに注意しておこう!信用取引をする上での大事な注意点

信用取引は損失が拡大しやすい

信用取引は株取引のやり方を拡大してくれる、重要かつ利便性の高い取引方法です。しかし、その利用には注意すべき点も多くあるため、信用取引するに当たってはしっかりと把握しておくようにしましょう。まず信用取引における最も大事な注意点は、株の現物取引と比較して損失額が拡大しやすいという点です。信用取引はレバレッジを効かせて取引を行う分、利益を拡大させるチャンスと損失が出るリスクは表裏一体だと常に肝に銘じておく必要があります。

信用取引には相応のコストがかかる

信用取引は現物取引と比べて「株を借りる」という手間が加わるため、その手間に応じた相応のコストが余分にかかってきます。外為取引や先物取引の売り建ての感覚で信用取引を始めると、思わぬコストがかかって仰天してしまうということになりかねません。まず信用取引には特別な手数料がかかることがあるので、証券会社の約款などを読んで確認しておきましょう。また、信用取引で株を証券会社から借りることは言わば借金と同じですので、日数に応じた金利がかかってきます。この点もしっかり注意しておきましょう。

信用取引には期限が定められている

外為取引や先物取引などと同じような感覚で信用取引を行った際に陥る落とし穴としては、信用取引には建玉を持って保有できる期限が定められているという点です。信用取引初心者などにはこの点に疑問を持つ人も多くいますが、前述したように株を借りる行為は借金に他なりません。借金には返済期限があるのは当然ですので、株を借りる信用取引にも取引できる期限が定められているのは当たり前のことなのです。返済期限が来て、思わぬ所で手仕舞いを強いられるようなことがないようにしましょう。

信用取引を利用すれば自己資金の3倍の資金を動かす事ができるので大儲けのチャンスが増えます。また現物取引では「買い」しかできなかったのですが、この取引では「売り」もできるようになりチャンスが広がります。