ゲームデザイナー/クリエイターを志すあなたへ

ゲームデザイナー/クリエイターになるには

少年時代からの夢や憧れで、ゲームを製作する仕事をしたいという人は、あなたを始めとして数多くいます。早い話が、この仕事をするのに難しい国家資格や技術資格は必要ありません。では、専門学校では何を勉強するのかと言うと、プログラムやプランナー、グラフィックデザインなどなどです。しかし、こういった専門技術は基本であり、大切ですが、これと同じかこれ以上重要なのが、個人個人のゲームへの「情熱」であり、ある意味これが全てと言っても過言ではありません。他人から無理やりやらされたゲームを、あなたは楽しく思えるでしょうか。逆に、作った方から「義務感で仕方なく作った」なんて言われたら、悲しいですよね。

ゲームデザイナー/クリエイターに向いている人

ただ単に「ゲームが好きだから」という理由だけでは、この仕事はできません。もちろん、「ゲームが好きだから」というのは大切です。大切ですが、それは大前提であり、むしろ当たり前すぎて理由になっていません。先ほども説明したように、ゲームにかける情熱が重要です。自分の「拘り」や「主義」など一貫した気持ちが仕事に結果として現れます。また、会社に雇われている以上、社会人に徹する必要がある事も忘れてはいけません。つまり、「時間観念」「言葉遣い」「身だしなみ」「利益」などですね。これらを聞いて、あなたは自分に向いていると思いましたか?向いてないと思いましたか?もし、向いてないと思った人がいたら、それは考えが早すぎます。「情熱」が足りないと思った人も、社会人らしさがないと思った人も、まだこれから身に付ければ良いだけの話です。時間はまだたくさんあるのです。

学生の間にできること/やっておくべきこと

学生の期間中に、出来る限りのことはやっておくべきです。学校で専門技術をしっかり学ぶことは言わずもがな、「時間の許せる限りゲームを楽しむ」「アルバイトなどして少しずつ社会人・自立経験」をすることです。ゲームを楽しむことは、自分の感性を養うことができます。もちろん、やればやるだけ感性が養えます。たくさんのゲーム経験があるということは、それだけで武器になる上に、良いアイデアもたくさん浮かんできます。いわゆる「クソゲー」でも、ほんの少しでも勉強になるところがある(と思いたい)はずです。そして、アルバイトをしながら社会人の経験、自分でお金を稼ぐという自立経験にもつながります。一見厳しく思える業界かもしれませんが、自分と同じ価値観を持つ同級生や、同僚に囲まれて仕事ができるのはこの上なく幸せなことではないでしょうか。

ゲームの専門学校では、知識だけでなく技術も学ぶことができ、本格的な設備による実習も多く取り入れたカリキュラムとなっています。